プロフィール

YURIA Lee

授かったいのちの灯を、
自分らしく燃やそう。

小さな思いやりとユーモア溢れる、
この世界で。

いつからか、
万物とのつながりを想い出していく。

すべてのものは、
すべてのものとつながっている。

今ここに、すべてが在る。

時間の外側で、
私は私の、いのちの姿を見た。

今ようやく、あなたと私が、再会する。


<YURIA Lee プロフィール>

宇宙意識研究家
スピリチュアルライトワーカー

ひとりひとりが自分の本質へと還る旅を
応援するサロン『Art of Life Script』代表

1984年、愛知県名古屋市生まれ。常夏の国、シンガポール在住9年。シンガポール人の夫と一人息子と3人で暮らしている。

人は皆、誰もが自分の中にすべての答えを持っている。宇宙視座から人それぞれの魂の、圧倒的なユニークさと美しさを見る個人コンサルテーションを通して、人がありのままの創造意識に目醒め、宇宙全体の調和とともに生きるサポートをしている。

特に銀河系プレアデス星団のオーバーソウルとのつながりを強くもつ。ライトランゲージ(光の言語・宇宙語)の話者でもあり、音による波動チューニングを得意とする。地球語としては日本語を母国語、英語を第二言語とするバイリンガル。

大学在学中、地球人としての生きづらさから重い心身症を患い、生きる希望をほぼ失いかけるも、ある日の覚醒体験を境に起死回生を遂げる。

大学卒業後、東京でスピリチュアル・ニューエイジ業界のプロダクト展開を広く手掛ける老舗会社のイベント事業部にて、4年間イベントオーガナイザーとして勤務。世界各地から著名なスピリチュアルトレーナーやセラピスト、ヒーラーを招聘し、幾多のワークショップを主催。

その後、2009年にスリランカ一人旅で受け取った直観に導かれ、海外移住を決意。シンガポールで縁のあった日系メディア会社に就職し、企業広告のメディアコーディネーターやイベントオーガナイザーとして計7年間の経験を積んだのち、結婚と出産を機に退職。

その間約10年以上、自身の肉体と意識を使ってホリスティックに検証を重ねてきた宇宙原理、形而上学、神秘学、ソマティックスタディ等の様々な原理・メソッドの中から、自らの人生を創造するうえで「これは実際に役に立った」と体感できた情報を消化し、自分なりの生きた言葉で発信活動を開始。

2017年、第一子の出産をきっかけに「飢餓や紛争が解消された世界」、「人と人が自然と助け合いたくなる、温かい人間関係が当たり前の地球社会」というヴィジョンが降りてくる。

そのヴィジョン実現への一歩として、人と人の本質的なつながりを促進するサロン『Art of Life Script』を設立。誰もが自分にとっての真実を語れる場、正直でリアルなコミュニケーションが持てる場を創ることが当面のライフワーク。

ゆくゆくの夢はこの『Art of Life Script』を、個人の利益と皆の利益が同じ線上で調和できる、成熟したコミュニティとして育てていきたいと考えている。

簡単に、楽に、愉しく望む現実を創り出す、HF(ハイアーフィールド)エネルギーワークスヒーリング認定プラクティショナー。岡崎直子氏による『アストロロジー基礎講座』、『タロット・アカデミアレベル1』および『トートタロットと迷宮の哲学』修了プラクティショナー。

また非言語コミュニケーションとしての身体表現に情熱をもち、瞑想的ダンスプラクティスである5リズム(ファイブリズム)、コンタクト・インプロヴィゼーション、バレエ、コンテンポラリーダンス等を踊る。

趣味が高じて、2013年にはニューヨークへ留学のため渡米。Peridance Capezio Centerでの6カ月間のフルタイム集中ダンスプログラムを履修した。そこから肌で体感した、人間の肉体に宿る無限の可能性と、それを開いていくカギとなる宇宙意識への多次元的な気づきを、現在の仕事に生かしている。

大切にしている瞬間は、人との心の触れ合いや温かいつながりを感じるとき。可笑しみがあふれる不条理ギャグ漫画やお笑いをみて笑う時間。美しいアートや音楽、ダンスに触れて共鳴するとき。そして夫と息子との宝物のような毎日の瞬間。