あなたという宇宙を見つめる、もうひとりの「あなた」からのメッセージ

私たちはときに、経験したことを、何物としても昇華できないような「痛み」に遭遇することがある。

人間である自分の思考で、理屈をつけられる範囲のことは、本当はとても少ない。

思考で解釈することや、定義すること、納得させることが難しい、理不尽な痛みや、

どこにも解消することができない、途方に暮れる重さのようなもの。

それらは確かに、この世に存在する。

予期せぬショックな出来事として体験することもあれば、身体的な激しい痛みとして経験する場合もある。

痛いものは、痛い。

痛いものは、痛いのだ。

理解しがたい痛みが、確かにそこに在る。

わざわざ受難の道を選ぶ必要はない。そう分かっていてもなお、身に起こってしまうことはある。

どうにもならない痛みや、辛さや、恥ずかしさや、怖さを、私たちは体験する。

必ず体験する。

その傷によって、理屈だけでは片付けられない何かを知る。

頭で理解できなくてもいい。

なにものとしても昇華できなくていい。

痛みは痛みとして受け止める。

それしかできないと感じている。

その痛みや、辛さや、恥ずかしさや、怖さを、ただ真正面から受け止めて、味わうことしかできないとしても。

その経験は、いつか必ず生きてくるから。

どんな痛みも、後々出逢うであろう幸せへの布石になっている。

あなたが乗り越えた痛みの深さと種類だけ、同じような経験をしている人の痛みを、あなたは理解することができる。

他の人はできなくても、あなたはその誰かに、本当の意味で寄り添い、手を差し伸べることができるかもしれない。

あなたが乗り越えた痛みの深さだけ、幸せと豊かさと自由の深度を知る。

痛みを知った経験が、必ず生きてくるときが、やってくるから。

あなたは独りではない、の本当の意味

痛みの真っ只中にいるとき、あなたはそれを「たった独りで味わっている」と感じるかもしれません。

かつて私もそう感じていたし、この「誰とも分かち合えない」という感覚は、なかなかの真実味を帯びていたから、

人間はどこか、究極的には孤独な存在である…みたいな感覚を、長らく持っていました。

しかしここにひとつ、あまり知られていない宇宙の秘密が在ります。

あなたの痛みや体験を、一緒に味わっている人物が、実は「もうひとりだけ」存在するということ。

あなたが見ているその宇宙の果て(外側)には、何が在ると思いますか?

現代科学の世界においては「宇宙は何も無いところからビッグバンにより誕生した」という説が広く支持されていたり、

「宇宙は膨張し続けていて、宇宙の果てがどうなっているのか、誰も知らない」といった考え方を、学校では習うかもしれません。

不思議なことに、それすらひとつの仮説に過ぎないにも関わらず、多くの人がそう信じているからという理由で、疑いもなく信じている人は沢山います。

あなたの宇宙の果てに在るものは何か??

そこには、「何も無い空間が広がっている」と考える代わりに、こんな風に仮定してみることもできます。

そこには、あなたを一心に見つめる、真摯な眼差しが在ると。

宇宙の最果てから、あなただけを見ている、その視線の向こう側に、もうひとりのあなたが居る。

「もうひとりのあなた」はこう語りかける。

私は、ここに居ます。

この観測点から、あなたにメッセージを送り続けています。

私とは、あなた自身のことです。

長い歴史を経て、今なお刻々と変化し続けている、あなたと共に居ます。

あなたが、地上で体験しているすべての営みを、私も見て、知って、聴いて、感じて、共に味わっています。

あなたに感謝しています。

私は、あなたという宇宙の果てから、あなたを見ている、あなた自身なのです。

あなたの痛みも、喜びも、叫びもすべて、私は一緒に感じています。

あなたが誰にも話したことのない想いも。

人に伝えたくても伝わらなかった気持ちも。

あなたが誰とも分かち合ったことのない孤独も。

大切な人を想う純粋な愛も。

自分なんか無くなればいいと思う瞬間も。

情けなさ、不安、焦り、大いなる怖れ。

あなたの愚かさ、プライドも。

その無知さ、純真無垢さも。

一生懸命さも、がんばりも。

あなたの怠惰と、狂気も。

大輪の華のような美しさを。

あなたの狡猾さも、混沌も。

言葉にならないあなたのすべてを。

私だけは、分かっていること。

どうか忘れないでいて。

私だけは、すべて分かっていることを。

世界でいちばん、愛しています。

世界でいちばん、あなたが好き。

いつもいつも、あなたを想い続けています。

あなたでいてくれて、本当にありがとう。

・・・こんな熱烈ラブレターを受け取った日には、鼻血が出そうになりますがw

これは実際に、私が「もうひとりの私」から受け取ったラブレターでもあります。

繰り返し、繰り返しやって来る、終わりの見えない痛みの波に、もう嫌だ、もう勘弁して!!!

と音を上げかけた私に伝えられた、観測点にいる「もうひとりの私」からのメッセージ。

 

宇宙の果てに、自分自身である「もうひとりの自分」が存在するのは、単なる気まぐれではありません。

それは、たとえ何があっても、自分の意識の現在地を見失わないようにするためです。

痛みやショックによって、築き上げてきたプライドのタワーが倒壊し、否が応でも現実を直視せざるを得ないようなことは、人生の中で幾度となくやって来ます。

どんな衝撃を受けても、自分を決して見失わないために、私たちは、この宇宙の外に、自分の片割れを置いてきました。

その自分が居てくれるから、安心して生きていくことができます。

その自分が居てくれるから、人生ゲームのPlayerとして、のびのび楽しめるわけです。

そのことを忘れてしまったときは、このメッセージを読んで想い出せるように、ここに書き記しておきます。

「もうひとりの自分」ほど心強い応援者はいません。

狭くなりがちな思考の檻の外から、新しいものの見方を教えてくれる存在です。

私たちはもはや、孤独になりようがないのです。

あなたが、「もうひとりのあなた」から送信され続けているメッセージに、今日はっきりと、気づけますように。

YURIAより
愛を込めて♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年、愛知県生まれ。シンガポール在住9年。宇宙意識研究家、スピリチュアルライトワーカー。ひとりひとりが自分の本質へと還る旅を応援するサロン『Art of Life Script 』代表。個人コンサルテーションを通して、人がそれぞれの魂の圧倒的なユニークさと創造性に目醒め、宇宙全体の調和とともに生きるサポートをしている。とくに銀河系内プレアデス星団とのつながりを強くもつ、ライトランゲージ(光の言語)の話者でもある。タロット・アカデミアレベル1修了プラクティショナー。非言語身体表現に情熱をもち、5リズム、コンタクト・インプロヴィゼーション、バレエ等を踊る。シンガポール人のパートナーと一人息子がいる。