「目に見えない世界」の実態はどうやら、自分の頭の中にある

目に見えない世界を、愉快に、遊び心をもって探求する楽しさを伝えたい。

そんな想いも募り、先月から個人セッションをスタートさせていただいています。

先日セッションをさせていただいたMさん(30代女性)から、こんな嬉しい感想を頂きました。

『頭でイメージをすることによって、現実やエネルギーに影響を与えられるということに驚きました。イメージの仕方自体がよく分からなかったので、一緒にやってみて自然に思い浮かぶ事でいいんだな~、としっくりときました。これから実践していこうと思います。』

そう、目に見えない世界って、漠然と難しく考える方もいますが、

<自分の頭の中>と捉えると、何だそんなことかと、思われるかもしれません。

<自分の頭の中>って、誰の目にも見えないですよね。

あなたの頭の中は、誰も触ることができないし、誰にも侵入されることがない、絶対的なプライベート空間。

その中こそが、あなたの小宇宙であり、あなただけの絶対不可侵領域。

そこにきっと、あなたに必要なすべての問いと答えが入っています。

逆を言うと、初めからそこに入っていないものは、あなたにとってはどうしても必要なものではないのかも知れない。

私がセッションでお伝えすることというのは、その方が「その方にとっての絶対不可侵領域」とつながることを、サポートさせていただくということ。

誰にも、その絶対領域に、ずかずかと入っていくことはできません。

パートナーであっても、親子であっても、セラピストであっても。

信頼関係の深さとは一切関係がなく、誰にも、あなたの代わりに、あなたの中から情報を引き出して、見せてあげることはできない。

目に見えない世界とはつまり、自分の頭の中にある。

目に見えない世界を、何だか分からないが怪しい、と感じる人は、「自分の頭の中は、怪しい」と言っていることとほぼ同義にもなる。

つながろうとしなくても、つながりは既にある。

あなたの頭の中と、あなたが既につながっているように。

つながりは常にここにあって、ただそれに気づいていくということ。

私たちは常時、意識的にも無意識的にも、見えない世界とコミュニケーションを取っています。

分からないということが、自分の世界での「分かる」という確信に変わるとき、前に進んでいくことができます。

目に見えない領域全般の物事と、目に見える現実世界を包括的に理解することは、難しいことではなく、私たちが日常的に行っている活動そのもののことです。

あなたがこの世界全体をどういう風に見ているのか、どう認識しているのか。

それがあなたにとってのスピリチュアリティではないかと、私は感じています。

だから一人ひとりにとってのスピリチュアリティが違って、当然なのです。

見えない世界がスピリチュアルなのではなく、見えている世界と、見えない世界を含む、この世界のありとあらゆる万物を、あなたはどう認識しているのか。

私はこの世界をどう認識しているのか。

それを自分の言葉で語ることによって、世界が定義づけられ、形創られていく。

はじめに言葉ありき。

とは有名な聖書の一節ですが、言葉によって思考され、思考によって定義づけられていく。

はじめに世界の方が外側にあったのではなく、あなたが存在し、認識し、思考することで、世界ははじまった。

そこには正しさや正解はなく、間違いもない。

それはとても尊く、大切で、どの場面を切り取っても、そこにはあなたらしさしかない。

あなただけのバランスを見つけて、あなただけの歯車を回していく。

そんな世界はなんて面白いんだろう。

あなたが思い描けることは、すべて実現できる。

この無秩序で、混沌で、矛盾と葛藤だらけの頭の中こそが、それぞれの宇宙。

矛盾と葛藤があるからこそ、不完全な美しさが在る。

不完全だからこそ、見る者を圧倒するような、美しい幾何学が描かれる。

善悪の幻想に囚われることがもうなくなれば、あなたというカオスに、この先たくさんの人が恋をすることでしょう。

あなたの矛盾も葛藤もカオスも。全部がとても、魅力的。

最低最悪なあなたも、興味深い。

見えない世界は、怖くない。ひたすらに、面白いのです。

今日もすばらしい一日を。

ゆりあより
愛を込めて♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年、愛知県生まれ。シンガポール在住10年。宇宙意識研究家、スピリチュアルライトワーカー。ひとりひとりが自分の本質へと還る旅を応援するサロン『Art of Life Script 』代表。個人コンサルテーションを通して、人がそれぞれの魂の圧倒的なユニークさと創造性に目醒め、宇宙全体の調和とともに生きるサポートをしている。とくに銀河系内プレアデス星団、シリウス星とのつながりを強くもつ、ライトランゲージ(光の言語)の話者でもある。タロット・アカデミアレベル1修了プラクティショナー。非言語身体表現に情熱をもち、5リズム、コンタクト・インプロヴィゼーション、バレエ等を踊る。シンガポール人のパートナーと一人息子がいる。