数千数万年の沈黙を経て、いま私が「私」を取り戻す勇気と覚悟

今日は、久々に5リズム(ファイブリズム)を踊りに行ってきました。

5リズムって何?については、こちらの記事から。

今日はいつもより参加者の人数が少なくて、全体のエネルギーも比較的静かめで、スペースが広く感じられた。

ファシリテーターのYiannisが何度も「Be Authentic」(自分自身の感覚に正直になれ)と言っていたのが耳に残り。

2時間切れ間なく踊り続けながら、本当に色々な感覚が身体中を駆け巡った。

いまそれを何とか、言語化しようとしている。

私が「私」を取り戻そうとしてきた。

これって、今回の人生だけの、一話完結の物語ではなかったんだなぁということに、気づきました。

実のところ、数千数万年単位での、長い長い歴史の中で繰り返しつつも、何度も取り戻しきれずにもがいてきた、「私」というストーリーの集大成が、いまにつながっていた。

もっと言うと、私が「私」を取り戻したいと願う、あらゆる人々の魂の解放請願、その人類の集合意識の結集が、いまにつながっていた。

そうか。

どうりで(笑)

理屈では説明しきれない、どんなに冷静に俯瞰しようと努めても、ぐわんぐわんとドラマチックな感情の渦が押し寄せては引き、押し寄せては引きとなるのには、そんな背景があったからかもしれない。

私にはまだ、ドラマチックな感情へのジャッジがあったことに、今日の5リズムで気づきました。

ドラマチックな感情よ、ごめんなさい。

そのままで全然、良かったね。

ドラマチックの何が悪い(笑)どんな感情も、そのままで良かったね。

そりゃあ、考えてもみたまえ、数千数万年単位で、何度も何度も生まれ変わっていれば、どんなに平凡な人生にだって、1つくらいはドラマチックが付いてくる。

そりゃあ、無理もない。

すべての記憶が、覚えていない記憶たちが、私の身体の何十兆という細胞の中から、沸き立つように語り掛けてくる。

私が「私」であろうともがいてきたことを、知っているよと。

そう、ずっと。

私として生きたくなかったわけではない。

私として生きたくて、でもその戻り方が分からなくて、本物を生きることができない自分を否定してしまっていた。

とてもとても長い間。

自分が何者であるのかを忘れ、「私」ではない誰かとして生きることはこんなにも苦しい。

だから苦しいと感じないように、感覚を麻痺させてきた。

そして麻痺させたことすら、忘れた。

自分を守るために。

ぜんぶ、私を守るためだったのだ。

いまやっと、全部がつながったから。

私は私の一部を切り離すことなく、すり替えることもなく、「私」という全部に還っていく。

これは善い、これは優れている、これは要らない、これは悪い。そんな風に自分を切り刻むのをやめよう。

切り捨てるものなど、どこにもない。

私が「私」という全体である以上の、この命への畏敬はないのだから。

私ではない「誰か」として生きてくれた命にも、強くやわらかく抱き締めて伝えたい。

ずっとずっと私を守ってくれて、本当にありがとう。

迎えに来るまでに、数万年もかかってしまって、ごめんねと。

すごく大きな勇気が必要だったのです。

長い間、これは私だけの個人的な経験だと思ってきたけれど、ようやく気づいたことは、「私たち」人類の、他の誰かの意識とも、確実につながっているということ。

私は私を解き放つことで、この世界に機能していく覚悟です。

この時期、同じようなプロセスを経て、ひとつの人生の中で、もう一度生まれ直すような、Re-birth(再生)を経験している方も、多くいらっしゃるのではないかと思います。

ひとりではないという確信は、エネルギーシフトのうえでも、非常に大きな助けになりますね。

近々、私主催のお話会というか、どなたでも気軽に参加できる、少人数制の交流イベントを開きたいと考えています。

実現できそうになりましたら、お知らせしますね。

今日もすばらしい一日を。

ゆりあより
愛を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年、愛知県生まれ。シンガポール在住9年。宇宙意識研究家、スピリチュアルライトワーカー。ひとりひとりが自分の本質へと還る旅を応援するサロン『Art of Life Script 』代表。個人コンサルテーションを通して、人がそれぞれの魂の圧倒的なユニークさと創造性に目醒め、宇宙全体の調和とともに生きるサポートをしている。とくに銀河系内プレアデス星団とのつながりを強くもつ、ライトランゲージ(光の言語)の話者でもある。タロット・アカデミアレベル1修了プラクティショナー。非言語身体表現に情熱をもち、5リズム、コンタクト・インプロヴィゼーション、バレエ等を踊る。シンガポール人の夫と一人息子と3人で暮らしている。