根底にある想い―あなたが生きていることの奇跡を共有したい

毎朝目が覚めると、同じように一日がスタートする。

それが全く「当たり前ではない」ことを実感する毎日です。

自分にいのちが与えられている

という感覚が、何故こんなにも毎日のように押し寄せるのか、しばらく不思議で仕方ないと思っていたけれどむしろ、

この感覚を感じていない時間(=いのちが当たり前だと思っていた時間)のほうが長かった過去の自分は、感覚が麻痺していたのだなと、今は思う。

生きていること自体が、
疑いようもなく、奇跡。

この実感を、毎日数分でもいいから、大切な人と共有したいと思う。

たとえ今いのちが終わって肉体を去ることになっても、私はきっと後悔しないと思うのは、自分のいのちの姿を、自分自身と分かち合うことができたからじゃないかなと、感じています。

それは自分のすべてが分かったということではなくて、「分からない自分のすべて」が愛しいと思える感覚。

知れば知るほどに、不可解極まりない自分という存在の奥行きに降りていくことに、ほとんどもう躊躇がない。

私が生きていることすら奇跡だから、あなたが生きていることは、あなたにとってどんなに尊いことだろうと思う。

私の活動の根底にある情熱は、ただこの奇跡を、誰かと共有したいという想い。

こんなにも捉えどころも掴みどころもなく、実態のない感覚ではあっても。

あなたが生きているという奇跡は、確かに此処に存在していて。

だから言葉にした瞬間に、どこか不完全になってしまう表現の不自由さを抱えてもなお、言葉を紡いで、何とか伝えようとしているのだと思います。

人は皆、自分だけの音色をもって生きています。

誰ひとりとして、同じ音色を奏でている人はいない。

すごくすごく似ているように聴こえる音でも、突き詰めて聴いていくと、根底には全く違う音が流れている。

宇宙全体は協奏曲を奏でていて、私たちはその、雄大な交響楽団の一員。

これは何かのロマンティックな例え話ではなくて、私の耳が実際に聴いた、現在進行形のリアルな現実。

私は本来、私の音しか奏でることができないから、誰かの音を真似ようとしても、どう頑張っても、不協和音になる。

何をどうジタバタもがいても、私は私の音に降参するしかない。

私は私の音を全肯定するしかなくて、ただ素直に周りの音と、交わり合うことを許したとき。

ようやく、ちゃんとシンフォニーの一部として、鳴り始める。

音に境界線がないように、私たちと世界とのあいだにもまた、境界線はない。

私は世界の一部であり、大いなる世界は私の一部。

自分の根源につながるということが、宇宙とつながるということ。

宇宙とつながるということは、何も特別なことではなくて。

全部ひっくるめて、あなたがこれ以上なく「あなたである」ということを、許しさえすれば。

音はひとりでに流れ始める。

自分が自分であることを想い出す。

誰にも証明しなくても、自分だけが知っている。

自分の喜びも、自分の痛みも、割れるような叫びも、抑えきれない衝動も。

自分のがんばりも、自分の自堕落も、自分の卑劣さも、自分の純粋さも。

すべてを見ている、わたしの瞳。

自分の中に、神さまがいる。

すべてを知ってなお、その慈愛の中に讃え育んでくれる、神がいることを。

あなたは知っている。

何ひとつ身にまとわず、武器ももっていないあなたが。

とても美しい姿で、颯爽と生きていることを。

あなたが生まれる前からずっと、見守っているその瞳の中に。

あなたがいることを。

++++++++++++++

【INFORMATION】

YURIA Leeによる個人セッション(対面・遠隔)をスタートしました。

あなたにしかない魂のユニークさと本質を輝かせ、あなたらしい毎日の創造を。

ご縁に感謝します。詳細・お申込みはこちらのページからどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年、愛知県生まれ。シンガポール在住9年。宇宙意識研究家、スピリチュアルライトワーカー。ひとりひとりが自分の本質へと還る旅を応援するサロン『Art of Life Script 』代表。個人コンサルテーションを通して、人がそれぞれの魂の圧倒的なユニークさと創造性に目醒め、宇宙全体の調和とともに生きるサポートをしている。とくに銀河系内プレアデス星団とのつながりを強くもつ、ライトランゲージ(光の言語)の話者でもある。タロット・アカデミアレベル1修了プラクティショナー。非言語身体表現に情熱をもち、5リズム、コンタクト・インプロヴィゼーション、バレエ等を踊る。シンガポール人の夫と一人息子と3人で暮らしている。